世界の昔の童話は moral(訓示)を満杯もらえるので可笑しいだ

世界の大昔の童話は、 moral(訓示)をゲットすることができるので凄く興味深いなと思います。ナショナリズムに童話はたくさんありますよね。白雪姫とか長靴をはいた猫とかルンペルシュティルツヒェンなど、数えきれないほどの昔話があります。はなしはもちろん好きですが、更に好きなのは絵柄ですね。白雪姫の図説はとてつもなく甘いだ。長靴をはいた猫も猫の画図がとってもかわいらしく、世間だ。ルンペルシュティルツヒェンはとてもちっちゃなこびとですが、そばにいる乙女に恋心を有するのが切な過ぎます。はなしについて言えば、殊更白雪姫はたくさんの訓示を頂くことができるなと考えています。知らないそれぞれをそう易々と信用してはいけないとか、他人に必要以上に嫉妬してはいけないとか、読み終わった後は考え出せばキリがないぐらい調べることができます。知らないそれぞれをそう易々と信用してはいけないという点に関しては、白雪姫は悪賢いクィーンの陰謀をさほど疑わずに信用してラストあんなことになってしまったので、読んでいるサイドは気を付けないといけないって自然に思います。他人に必要以上に嫉妬してはいけないというのは、今度は低いクィーンの論点だ。白雪姫がやたら可愛らしいからといってセルフを磨かず主人に焼き餅し、悪いことをするのは必ず許されるわけではないですからね。嫉妬する前に自分のスタートが必要だ、といった自然に悟ります。この感じで、昔話は色々教わることが多くて明るいだけではないのが魅力だと思います。簡単に治す方法

今日は休日だったので思う存分何だかんだ過ごして一日が終わった休日

今日はぼくにとりまして完全なディスカウントだったウィークデーでした。完全に一年中何も予定がないのは、実に久々だったので実に嬉しかったです。前々から、次に一年中完全に休日があれば思う存分寝て、怠慢してやろうとしていたので、その予定通りにはなはだ何かすることも無く延々とした一日で終わってしまいました。ひとまず真昼間までアラームもかけずに好きなだけ寝ました。時計の響に起こされることなく二都度寝望めるこういう喜びフィーリングはたまりませんでした。そうしてお腹が減ったので住まいにおけるもので適当に済ましました。大した製品もなく買い物に出るべきだったのですが、近くの超絶に行くのでさえ面倒くさく感じたので実際適当に済ましました。そのあともさらに延々とベットの上で過ごしました。借りていた画像を見たり、買ったままにして読めていなかった雑誌を読んだりしました。するとさくっと夕暮れになりました。ディナーは、即席麺ですまし、お湯船に入り明日からまた始まるお忙しい一年中に向けてもう寝入る頃だ。久々の休日なのだからどこかに出掛けるのもいいかと思いましたが、いま一年中思う存分怠慢してモチベーションを費用できたのでよろしいオフになったと思いました。こちらからご覧ください